美容と健康の為の冬の乾燥対策!あることに気を掛けることでワンステップ高い効果を実感

冬にお勧め乾燥対策について

SkinToDry

乾燥するシーズンに入ると肌や唇のカサカサが気になる人が多くなってくると思います。更に乾燥は肌以外にも髪にも影響し、乾燥することによって枝毛を引き起こしてしまう場合もあります。気にかけている人であればスキンケアや毛髪についても洗い流さないトリートメントを使用したりとケアしてると思いますが、これに加えて湿度と温度に気をかけてあげることで更にもうワンステップ高い効果を実感することができます。今回はそんな乾燥対策について2つに分けて紹介し、更にその注意点についてもいくつか紹介して行きたいと思います。

1.冬のお風呂の温度管理

家に帰ってきての楽しみがお風呂に入って温まるという人も多くいると思います。しかし冬のお風呂には1つ落とし穴があります。それが温度管理です。1つ言うと人の肌は40度以上になると毛髪や肌に存在する油分を余計に落としてしまう傾向にあります。これに長湯をしてしまう事で気付かないうちに乾燥を促進させてしまう場合があるので注意が必要です。

洗顔時の温度

洗顔時の温度管理も冬の季節は気を掛けてあげる事が大切です。上記で40度以上になると油分を余計に落とし過ぎてしまうと伝えましたが、これは長時間入浴した場合を意味します。一般的に毛穴から皮脂が溶け出す温度は30〜33度程度と言われているので、洗顔時は敏感肌で30度弱、普通肌で34度前後、脂性肌で36〜38度に設定すると余分な皮脂を落とさずに済むと言われています。

熱いお湯が好き

中には熱いお湯に浸かるのが好きと言う方もいると思います。勿論温泉もそうですが、決して悪いわけではありません。ですが温泉の場合は自宅で入るお風呂とは絶対的に違う点が一つあります。それが成分です。その中にミネラルというのがあり、これが多く配合されていることによって、肌への浸透力が上がり角質層の奥まで保湿されることによってもっちりとしたスベスベ肌へと導いてくれます。自宅で熱い温度に入る場合はこれがないので特に保湿が重要になってきます。また家庭によっては自動給湯器によって温度管理のできるお風呂もありますが、余談としてあそこに設定されている温度は給湯器内での温度であり、冬場であると浴槽に到達するまでの配管内部で約2度下がると言われているので、設定する際はマイナス2度が表示されていると思うと良いかも知れません。

熱いお風呂に入る際の注意点

42度以上のお風呂に入ると交感神経が刺激され、睡眠を取りたくても中々寝付けないといった事が起こる可能性も出てきます。特に冬の場合は外気との寒暖差から入浴時との温度差によりヒートショックを起こしてしまう危険性も出てきます。入浴時は掛け湯をするなりして温度に身体をなれさせてから入ることをお勧めします。

2.湿度管理による肌の保湿管理

部屋の湿度管理は、肌の乾燥を防ぐとともに風邪予防にも繋がります。寒い時期は暖房をつける事が一般的ですが、暖房をつけることによって室内が乾燥し、湿度も下がってしまいます。すると肌は乾燥してしまい、風邪菌といったウイルスも繁殖しやすくなってしまいます。一般的にウイルスは50%以上で激減すると言われているので、それ以上が望ましく、40〜60%に留めておくのが良いとされています。と言うのも湿度が低いのも問題ですが、湿度が高すぎるのも問題があります。湿度が上がりすぎると今度は細菌が繁殖しやすくなりカビといったものが出てきてしまいます。よくお風呂場にカビが繁殖するのは基本湿度が高いからと言うのもあります。

湿度を安定させるおすすめアイテム

加湿器をつけておくのが一般的で最も効果が高いと言われていますが、美容の観点からいうとこれに加えアロマディフューザーによる香りを楽しみながら加湿をする方法や、ボールに熱湯を注ぎアロマを数的垂らし蒸気として香りを立たせることによって加湿に加え除菌や浄化といった効能を得ることも可能です。

※風邪予防としてはミントやユーカリ、オレガノといった香りが効果的です。ただし既に風邪を引いている場合はアロマは喉を痛める原因に繋がりますので、治ってからこの方法を試すことをお勧めします。

お勧めアロマデフューザー

アロマポットガラスチーク

ガラス調のデザインで就寝前に香りを楽しむことで安眠へと導き、また上記で説明した方法で熱湯を注ぎ、蒸発させることで除菌や浄化の効果も期待できます。デザインも素晴らしくインテリアとして飾るのにも適したものだと言えます。

※安眠に適したアロマは、ベルガモット、ゆず、ネロリ、サンダルウッドなどがあります。

お勧め加湿器

オムロンパーソナル保湿機

眠り保湿に適したスチームを噴霧し、睡眠中の顔周りをピンポイント保湿してくれます。約75㎝まで届き、人の顔周りを集中的に保湿します。適温でやさしく包み込むスチームによって、睡眠中の乾燥によるのど・鼻の不快感を解消し、寝ている間に逃げていく肌の潤いをしっかりと維持してくれます。

最後に

冬の乾燥は肌質に関わらず誰しもが乾燥を感じてしまう季節でもあります。化粧品による保湿も大切ですが、私生活内における温度と湿度管理も重要だと言うことをこの記事を読んで知ってもらえればと思います。