化粧品成分

※随時更新中

アミノ酸

乾燥した表皮に水和性を与え回復させる効果が期待できます。

エタノール

揮発性、抗菌作用があり、化粧品には欠かすことの出来ない原料でもあります。また、清浄、抗菌、収斂、可溶化、乾燥促進などの目的でも配合されます。

エラスチン

コラーゲンと同じ繊維状タンパク質で真皮などの結合組織中の弾力繊維の構成成分です。皮膚の弾力、シワの発生に大きく関わっています。

グリセリン

柔軟剤として製品の伸び、滑りを良くしてくれます。また吸湿性があり皮膚に潤いを与えてくれます。

コラーゲン

皮膚に保水性、弾力性を与え、ハリを与えることによってシワの改善が期待できます。

DPG(ジプロピレングリコール)

皮膚に対するベタつきの少ない保湿剤です。わずかに特異な臭いがします。

セラミド

皮膚に存在するセラミドと同じ構造を持ち、保湿効果やバリア機能回復効果に優れた成分です。長時間の水分保持機能も期待できます。

BG(ブチレングリコール)

湿潤性と抗菌力があり、皮膚に対する刺激もありません。さっぱりとした使用感があり、ベタつきも少ないです。

ヒアルロン酸

保水性、浸透性に優れ、皮膚にハリを与え、滑らかにする働きがあります。

プロテオグリカン

ヒアルロン酸の1.3倍の保湿効果があり、ターンオーバーの促進に優れた成分です。

PG(プロピレングリコール)

グリセリンに比べ粘度が低くさっぱりとしています。使用感に優れた保湿剤です。

 

スポンサーリンク